keyboard_arrow_right
全身脱毛体験ブログ

痛くない!ハイパースキン脱毛の魅力や特徴とは?

痛くない!ハイパースキン脱毛の魅力や特徴とは?

痛くない!ハイパースキン脱毛の魅力や特徴とは?

ハイパースキン脱毛はこれまでの脱毛とは根本的に異なる新しい脱毛方法です。

参考:ハイパースキン脱毛の特長

従来の脱毛方法は脱毛のために毛の黒に反応する60℃~80℃の熱によって毛根を焼かなければなりませんでした。
一方、ハイパースキン脱毛の場合毛根ではなく、毛が成長する発毛因子を直接処理するため高温が必要ありません。このため、体感では38℃程度の熱で脱毛ができ、熱さや痛みを感じることがないのです。

では、ハイパースキン脱毛の原理はどんなものなのでしょうか。例えば植物の場合、種がなければ幹や枝葉をつくることはできません。ハイパースキン脱毛もこれに似ています。ハイパースキン脱毛はこれまでの光脱毛などのようにすでに生えている毛に対して処理を施すのではなく、これから生えてくる毛の種に対して処理を行います。
発毛には毛周期という周期があり、毛の種は休止期という、休んでいる毛根のことを指します。ハイパースキン脱毛は発毛因子となるこの毛の種を刺激し、細胞分裂を抑制します。

このため、ハイパースキン脱毛にはさまざざまなメリットがあります。最大のメリットはなんといっても脱毛の際の痛みを大幅に軽減できることです。従来の光脱毛などでは、場所にもよりますが強い痛みのために途中であきらめてしまったり、やけどなどの肌トラブルを引き起こす危険がありました。一方ハイパースキン脱毛の場合、刺激を与えるのは毛の種となる部分だけですので、高温での処理の必要がなく、痛みを感じにくくなっています。脱毛において痛みの有無は重要な要素ですので、痛みがないというだけでもハイパースキン脱毛は最適の脱毛方法といえます。

痛みが少ないということは、同時に肌に優しい脱毛方法ともいえ、アトピーなど肌トラブルを抱えている人に対しても施術を行える可能性が高くなります。これまで、肌トラブルが原因で脱毛を行えなかったケースも、ハイパースキン脱毛なら施術を行えることがあります。
また、ハイパースキン脱毛は肌にやさしいばかりでなく、美肌効果も期待できます。脱毛の際に照射される光は、肌の内部のコラーゲンの生成を促進する効果が認められるので、脱毛を継続していると肌のハリを実感できることもあります。さらにこの光はメラニンにも働きかけ、色素沈着や赤ら顔といった肌の気になる状態を改善する効果も期待できます。これまでカミソリや毛抜きなどで除毛していたのであれば、自己処理によって傷ついてしまった肌の状態を整えることができるのです。

ほかにもハイパースキン脱毛であれば、色素に対してではなく、毛の種にアプローチするので、黒ではない産毛や白髪の脱毛も可能としています。従来の光脱毛などは色素であるメラニンの薄い産毛や白髪には十分なダメージを与えることができず、効果は低いものでしたが、ハイパースキン脱毛では、色素の有無は関係ありません。

しかしながら、ハイパースキン脱毛も万能というわけではありません。ハイパースキン脱毛はこれから生えてくる毛に対して処理を施すため、すでに生えてしまっている毛には効果がありません。現在生えている毛は自然に抜け落ちるのを待たなければならないため、施術の効果が実感できるまでにはある程度の時間がかかります。
ただし、光脱毛などの場合は毛周期に合わせて施術の間隔を2~3か月空ける必要があります。このため1年半~2年という長い期間が必要ですが、ハイパースキン脱毛なら3~4週間という短い間隔で施術を行えるため、結果として短い期間で脱毛を完了することができます。

このように、ハイパースキン脱毛は痛みが少なく産毛や白髪に対しても効果があり、肌トラブルのリスクも低い脱毛方法です。短時間で見違えるような効果を求めないのであれば、結果として効果の高い効率的な脱毛方法といえるでしょう。